狭山市歯科医師会について

会長あいさつ

会長画像

平成25年4月より狭山市歯科医師会の会長を務めさせていただいております黒米健治(くろごめけんじ)です。
近年歯科医療は、むし歯・歯周病治療だけでなく、健康なお子さんを出産されるための準備、全身的な糖尿病・脳血管疾患・心臓疾患などの疾病予防、認知症の進行を遅くし健康なまま生活できる長寿社会の実現、食べることを通しての幸福の実現等々生れてから天寿を全うするまで大変幅広くかかわるようになってまいりました。
そんな中、我々歯科医師会の会員は、日々進歩するの歯科診療の研鑚とともに、個々の会員が得意とする分野での情報を交換し、色々な歯科問題ついて対応できるように努力しております。個人では対応しにくい問題もお互いに密に連絡を取り合い、複数の人の手が関わることで、解決できることが多くあります。
また、保健センターでの1歳半検診・3歳児検診・むし歯予防デー、公立学校での歯科検診・指導、各診療所での成人歯科検診、休日の急患センター運営などを通し、疾病の早期発見・早期治療を行い、疾患の無い方は一生無いまま、一度治療を受けた方はやり直しの無いよう予防にも力を入れております。
これらの実現には、歯科医師会の力だけでは難しく狭山市をはじめ多方面の団体とも連携をとり、ご協力いただく必要があります。その潤滑剤に会長として務められるよう任期を全うしたいと思います。
お口を通して幸せを掴むお手伝いができれば、大変幸せに思います。

2013.04 狭山市歯科医師会

会長 黒米 健治

狭山市歯科医師会とは

私たち狭山市歯科医師会会員は、地域医療のために下記のような保健事業に協力させていただいております。

クリックしていただくと、各事業の詳細をご覧いただけます。
  • サイトマップ
  • ページトップ