歯科保険事業

学校歯科

学校歯科の画像

狭山市歯科医師会には学校歯科委員会が組織されており、全会員が日本学校歯科医師会会則を基に種々の活動を行っており、小・中学校の生徒の口腔衛生の向上に寄与しています。
狭山市においては、市立の各小・中学校に1~2名の会員が学校歯科医として委嘱され、4月から6月にかけて春の学校歯科健康診断が行われます。
そして健診結果の分析から学区特有の地域特性等が判明することもあり、後の指導に役立っています。学内での個別指導は行わず、問題点のある生徒には学校から歯科検診のお知らせが保護者に渡される事になります。従ってそこから先は保護者の判断に委ねられる事になります。また、小学校新入学予定者には、前年の秋に就学児健診を行っています。
学内での事故等により歯科受診が必要になった場合、かかりつけの歯科がないときにも担当の歯科医院での手当てが行われることが多いようです。
多くの学校では、保健委員会が組織され、歯科にかかわらず心身の健康向上の為、年に数回委員会が開催されます。保護者の意識改革から始めないといけないこともあり、内容は多岐にわたりますが、テーマが歯科に関する場合には、当然の事ながら担当学校歯科医が講義をする事になります。
更に、狭山市においては市立幼稚園と県立高等学校に対しても、同様に健診を行っています。
市立青い実学園では、春秋の2回、健診を行っております。
市民の方々と直接に接するのは以上のような形で行われますが、狭山市歯科医師会会員の研修として、県単位での講習会が企画され、大学等から講師を招いて様々なテーマ(例えば、フッ素やキシリトールによる予防等の最新知見)で講演してもらうなど、日々研修を重ねております。
最後に、学校歯科検診の内容について記しておきます。
  1. う蝕(むし歯)の有無とその結果
  2. 歯周疾患の有無とその程度(歯肉炎、歯石・歯垢の付着)
  3. 顎関節の異常の有無
  4. 歯列異常の有無とその程度
  5. 噛み合わせの異常の有無
  6. 上記以上の口腔の疾患・以上のチェック

狭山市学校歯科医一医覧

  • サイトマップ
  • ページトップ